バスガイドですこんにちわ!是非見てってください。


by zzyyu2khzj
 千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館に16日、1930年代から70年代までを対象とした「現代」の常設展示室が開設された。83年の開館以来、昭和中心の「現代」展示は手つかずだったが、7年間の準備期間を経て開設にこぎつけた。
 展示では、昭和時代をさまざまなテーマに分けて紹介している。「帝国内の人の移動」の項目では、「コメなどの物資を植民地から安価で輸入したため、植民地の人々が生活に苦しみ、働き口を求めて日本にやって来るといった面もあった」と説明。米国の原爆投下については、広島ではウラン爆弾、長崎ではプルトニウム爆弾と種類の異なる爆弾が使われたと解説している。
 太平洋戦争で多くの民間人が犠牲となった沖縄戦は「犠牲者の中には戦闘ばかりでなく、『集団自決』に追い込まれた人々もいた」と記述。しかし、集団自決の記述をめぐっては、当初は「軍の関与」という文言を盛り込む予定だったが、教科書問題や裁判で争われている点を考慮し削除。国立の歴史博物館が評価や学説の流動的な現代史を展示する難しさの一端が浮き彫りとなった。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕県内産日本酒で統一ブランド=熊本
〔地域の情報〕「ニット議会」で気分も晴れやか=山形県山辺町
〔地域の情報〕博多港のベイサイドプレイス全面開業=福岡
〔地域の情報〕矢田神戸市長、曹操の衣装でポーズ
〔地域の情報〕「御柱祭」グッズを販売=下諏訪商工会議所

北日本中心、11日明け方にかけ強風・大雪か(読売新聞)
橋下知事けん制…大阪市が「権限移譲」独自案(読売新聞)
<絹谷幸二賞>大谷有花さんらに賞状贈呈(毎日新聞)
<発砲>暴追運動の町で自治会役員宅に弾痕6発 北九州(毎日新聞)
<連続保険金殺人>元看護師の死刑確定へ…被告側の上告棄却(毎日新聞)
[PR]
# by zzyyu2khzj | 2010-03-19 18:31
 日本製薬工業協会(製薬協)は3月11日、政策セミナー「わが国の創薬基盤を考える―治験・臨床研究の活性化に向けて―」を開き、国際共同治験への参加などグローバル化への対応、国民への啓発活動などについて、医療従事者や行政担当者など関係者が意見を交わした。

このほど報告書をまとめた厚生労働省の「新たな治験活性化5カ年計画の中間見直しに関する検討会」で座長を務めた楠岡英雄氏(国立病院機構大阪医療センター院長)は基調講演の中で、国際共同治験を実施する施設数の順位が世界で34位と、韓国(27位)や中国(28位)よりも低いことを指摘。また、国民に対して治験・臨床研究の意義や仕組みなどの理解を図り、協力を得るための啓発活動を強化する必要性を示した。

 国民への啓発活動について、渡邉裕司氏(浜松医科大医学部臨床薬理学講座・臨床薬理内科学教授)は、現在の治療は過去の被験者の協力の上に成り立っているということを、基礎知識として伝えていく必要があるとした。
 辻本好子氏(NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長)は、治験を経験した患者の声を集め、分かりやすく伝える必要性を指摘した。

 国際共同治験を行う意義について、佐藤岳幸氏(厚労省医政局研究開発振興課治験推進室長)は、有効性や安全性について、海外の情報が蓄積されていない中で試験を進めなければいけないが、ドラッグ・ラグの解消につながるとした。


【関連記事】
治験活性化検討会、報告案を大筋で了承
「グローバル臨床研究拠点」に北里大と慶大―厚労省
治験活性化の意義や目的をテーマに議論―厚労省検討会
「新薬の価値」をテーマにキャンペーン―製薬協
中核病院・拠点医療機関に求める機能で議論―厚労省治験活性化検討会

<裁判員裁判>父殺害の男に懲役11年 東京地裁判決(毎日新聞)
東京大学 合格発表…前期日程入試、平均倍率3.19倍(毎日新聞)
需要予測達成、8空港のみ=実績比一覧を公表−国交省(時事通信)
<捜査怠慢訴訟>都が上告 高裁判決不服(毎日新聞)
「徳之島検討指示」報道を否定=鳩山首相(時事通信)
[PR]
# by zzyyu2khzj | 2010-03-18 11:15
 天皇陛下は15日、東ティモールのラモス・ホルタ大統領と皇居・宮殿で約20分間、会見した。陛下が大統領と会うのは初めて。

 宮内庁によると、陛下が「国造りは大変だったと思います」と話すと、大統領は「日本の支援もあって順調に国が発展し、治安もよくなってきました」と答えた。大統領はこれまでに2度広島を訪れ、今回も訪問の予定で「日本の核軍縮、核不拡散のための努力を強く支持します」と話すと、陛下は「世界の多くの人は(核兵器の)破壊力はよく理解していると思いますが、放射能の恐ろしさへの理解はあまり十分ではないと感じています」などと話した。

警部補、飲酒運転で人身事故 沼津署(産経新聞)
「核持ち込み艦船の寄港ない」  政府説明は「嘘を含む不正直」(J-CASTニュース)
家族3人、放火殺人容疑=35歳の長男逮捕−徳島(時事通信)
美女との対面終了に首相「もう時間がないの?」(産経新聞)
<雑記帳>センバツの東海大望洋にハバノリ贈る 千葉(毎日新聞)
[PR]
# by zzyyu2khzj | 2010-03-16 20:27
 宇都宮東署は5日、茨城県古河市下大野、会社員大久保正明容疑者(35)を窃盗の疑いで現行犯逮捕した。

 発表によると、大久保容疑者は5日午前11時30分頃、宇都宮市の県道近くでパトカーを盗んだ疑い。

 大久保容疑者はパトカーを盗む前に、盗んだとみられる乗用車を運転して追突事故を起こし、追突された乗用車は対向車線の乗用車に衝突した。この事故で、追突された車の助手席に乗っていた宇都宮市上田原町、無職直井透さん(66)が全身を強く打ち間もなく死亡、運転していた妻のパート従業員由美子さん(64)も首などの骨を折る重傷を負った。正面衝突された車の女性(51)も軽いけが。

 パトカーは、宇都宮東署の男性巡査部長(32)が運転。偶然、近くを通りかかり、3人の救護のためパトカーを離れた際に盗まれたという。

 大久保容疑者はけがをしておらず、調べに対し当初、意味不明な言葉を話していたが、5日夜には「パトカーを盗み悪いことをした」などと供述し始めたという。3日に行方が分からなくなり、母親が茨城県警古河署に捜索届を出していた。

 宇都宮東署の本田洋一副署長は「パトカーが盗まれたのは残念だが、警察官が救護措置を優先したことは適切な対応だった」と話している。

土庄高卒業生3人が通学フェリー船長に花束 香川・小豆島(産経新聞)
<しだれ梅>700本が歩道を包み 名古屋(毎日新聞)
総務相は有識者会議好き?新設ダントツの18(読売新聞)
<最先端研究>支援プログラムの配分額 18〜50億円に減(毎日新聞)
参院選対策本部の看板掛け=小沢氏「月内に全候補決定」−鳩山首相(時事通信)
[PR]
# by zzyyu2khzj | 2010-03-12 03:06
 国家資格である柔道整復師や鍼灸師を養成する静岡医療学園専門学校(静岡市駿河区、赤羽勝雄校長)が、平成16年度から19年度にかけて、講師の資格を持たない約10人に授業を担当させていたことが分かった。厚生労働省東海北陸厚生局が週内にも立ち入り調査して指導する。

 同校では、解剖学や一般臨床医学などを資格のない講師が教えていた。

 同局によると、同校の卒業生約145人に補講が必要で、補講時間数は1人当たり150時間から500時間になるという。大半の卒業生がすでに開業するなどしており、同局では「卒業生はすでに国家試験にも合格しており、免許の取り消しは考えていない」と話している。

 同校では20年7月にも無資格の講師1人が授業を担当していたことが発覚して厚生労働省が指導に入っている。この指導の際に「過去にも同様の事例がある」との情報が寄せられたことから、同局で調査を続けていた。

 同校は赤羽校長名で「まだ東海北陸厚生局による調査が進められている段階なので、コメントは差し控えたい。今後の調査には真摯に対応します。現在は“不適切授業”と指摘される状況にはありません」とのコメントを出した。

【関連記事】
医師でないのにしみ取り 美容機器販売社長を再逮捕
無資格で現金運ぶ 警備会社に停止処分
フグ中毒で業者を書類送検「卵巣に毒があるとは…」
無資格でまゆげ植毛疑い 女を書類送検 京都
吉原ソープ街で無資格性病検査 放射線技師逮捕

シー・シェパードの元船長逮捕へ、監視船侵入で(読売新聞)
たばこ販売、最大の落ち込みに=増税も1000億円減収−財務省(時事通信)
参院選1次公認87人を発表=民主(時事通信)
<訃報>西島大さん82歳=劇作家、「嵐を呼ぶ男」脚本(毎日新聞)
性犯罪の量刑見直しを 強盗強姦未遂被告に懲役7年(産経新聞)
[PR]
# by zzyyu2khzj | 2010-03-10 17:41